いま世界の注目が集まる遠隔治療とは何か

遠隔治療というのは、遠い場所にいる人の治療を、ネットを使って行うことを言います。
大容量のデータを高速に送れるようになって、テレビ電話もスムーズに行えるようになりました。
お互いに映像データを送りあって、医師が治療を行っていきます。
現場では別の医師や看護師などが付き添い、能力のある医師の診察を受けることもあります。
また、個人宅とネットを介して繋がって、まるで病院に来ているかのような状態にして軽い診察をすることもあります。
ときには、テレビ電話で支持を出しながら手術を進めていくということも考えられますね。
テレビ電話も高画質になってきているので、細かい部分までくっきりと見えます。
ほとんど現場にいるのと変わらないクォリティーの映像を見ながら支持が伝達できるので、非常に効率的に医療を進めていけます。
この手法がもっと普及すれば、医療の地域格差も解消されていくのではないでしょうか。
また、世界とも繋がることができますから、世界的な医師の診察を受けやすくなる可能性があります。